冨島野乃花のインタビュー

2019年1月26日冨島野乃花
2019年1月26日2019年1月29日
Nonokaと申します。よろしくお願い致します。 現在はまだ大学4年生ということもあり、レギュラーレッスンは持たず、パーソナル/グループレッスン/イベント を中心に活動しております。 高校時代に女子サッカー部のマネージャーをしていた経験やその頃からのトレーナーさんとの繋がり、スポーツ医学の検定合格の知識からスポーツをされている方に向けてのパーソナルなレッスンを中心に活動させて頂いております。
外見的な面で言えば、太りにくい身体になりました。もちろん、インストラクターとして活動していく上で 目指したいと思われる身体を目指して私自身も頑張っていかなければ。という気持ちもありますので 多少気を遣っている部分はありますが、毎日体重計に乗ってなんとなく体重の変動を意識する以外特にダイエットなどはしなくてもあまり大きく変動することがなくなりました。 内面的な面で言えば、すごく穏やかに過ごせてるようになりました。”目をつぶって呼吸をする”この事によって落ち着くという感覚が染み付いて、少し んんん?と思うことがあっても、爆発的な怒りになるのではなく、一度その物事を客観的に観れる自分がいます。
自分がヨガをどう捉えるかによって変わるのかなと思います。 お仕事などで普段頑張っている自分に息抜きさせてあげるためのツールなのであれば、頑張ることをやめて余計なことは考えずご自身のためだけに使う贅沢な時間 と捉えれば良いのではないかと思います。 何かのためのヨガ 例えば、自分がしているスポーツのパフォーマンス向上のための1つのツールとして捉えているのであれば、それにプラスになると思うもの だけをご自身で選択して取り入れていくのも良いのかなと思います。 ヨガのポーズを深めていきたい と思うのであれば、継続していく頑張りは大事だと思います。 でも、頑張り方にポイントがあって 週5でスタジオに行く 可動域を超えてぐんぐん伸ばしていく そんな負担になる頑張り方ではなく、自分の生活の中で無理のない継続できる頑張り方をおすすめします。 例えばですが 私は、どんな忙しい日でも1日の中で必ず太陽礼拝 A Bを大真面目にします。できれば朝起きてすぐのタイミングでしていますが、そこにもこだわりを持ちすぎず、朝時間が取れなければ昼間の休憩や夜寝る前などに。 太陽礼拝A Bは10分時間があればできます。スタジオに行く時間は捻出できなくても10分はどうにか捻出できる時間なのではないかと思います。 これが頑張りすぎてない継続していける努力だと捉えているので、太陽礼拝の時間は毎日ものすごく真剣に継続して徹底して行っています。
私はyoga design labさんとlayalaさんのヨガマットを使用しています。 Yoga design labさんのマットはグリップ力が抜群で、汗をかくとよりグリップ力があがっていきます。滑ってしまうと本当に危ないので重宝しています。また、デザインが本当にオシャレで可愛くて私の大好きなデザインが多いので使っています。 Layalaさんのecoシリーズのマットは厚さの割にかなり軽量なのが1番の魅力だと思っています。軽量な割にグリップ力もあり安定してるなというのが印象です。 Proシリーズのマットも使用しているのですが、こちらは重さがずっしりとあり 天然ゴムを使用した製品なのでグリップ力もしっかりありますし、ヘコミや傷がつきにくいのがとても良いなと思っているところです。
Sloliさんです。Ambassadorをさせて頂いてるのですが、その前から好きで購入していたブランドです。 海外のブランドなので、日本にはあまりないような柄だったり、sexyなデザインだったりとっても可愛いです! “nonokasloli”のクーポンコードを入力すると30%offになるので良かったらチェックしてみてください
ヨガは大好きな趣味として捉えていて、就職を考えていたけれど、特につきたい仕事もなく迷っていました。 そんな時に大先輩に、"自分がやりたいことを見つけるのは難しいけれど、自分が素敵だなと思う人 こうなりたいと思う人がしていることは何なのか考えてみると見えてくるものがあるかもしれない" とアドバイスを頂き、その時に魅力的だと思う人で1番最初に浮かんだのがトレーナーさんや インストラクター 、fitnessのお仕事をしている皆さんでした。 そこで、ヨガスタジオに就職を考えたのですが就活をしているうちに、せっかく自分がやりたい事をやるのなら、とことん自分の形でヨガを伝えたい!と思いフリーランスで動くことに決めました。 フリーランスで動いていくにはRYT200という資格がやはり必要になってくるかなと思ったので、覚悟を決めて3ヶ月くらいかな 必死にお金をためて資格を取りました。
個人です。 私は、受けてくれる皆様のニーズに合わせたヨガを提供していくことを目標としています。 ダイエット目的なら、目標体型へのお手伝いを。癒しを求めている方なら、ストレスフリーを一緒に求めて。アスリートなら、その競技に合わせたパフォーマンス向上に繋がるヨガを。 この目標に沿うならば、やはり個人レッスンがぴったりかなと思っています。
イベントなどを開催する際は初めましての方も多くいらっしゃるので、受付からレッスンまでの時間を余裕をもって取り レッスン前にできるだけ直接コミュニケーションを取ることです。
1つ目の大きな目標としては、祖母が住んでいる奄美大島でリトリートを開催することです。お仕事で大好きな場所へ行けたらとても素敵だなと目標にしております。
RYT200を取得しております。 国際的に通用する資格なのは、1つ大きな自信になりました。
皆様の表情はアジャストに入りたびに気にするようにしています。 また、イベントの場合は任意でレッスン後のアンケート、パーソナルの場合は 事前アンケートと事後アンケートを行なっているのでそこでの感想を参考にしています。
まだまだ日本ではヨガは女性がするものというイメージが強いですが、ヨガ発祥の地インドでは、男性の修行のツールとしてヨガが用いられていました。 なので、男性の方がとりやすいポーズ等もたくさんあります。 もっともっとヨガが男女関係なく楽しめるものになったらいいなと思っております。